Entries

丹後対策をちょっと真面目に検証

丹後ウルトラマラソンに参加した皆さん、だいぶ普通になってきたとか、ようやく筋肉通も治まったとか書いてるのを見かけますが、私はまだまだ脚の痛みが残っており、あと2~3日は掛かりそう。

さらには内臓のダメージが大きいようで、ずっと下痢が継続中。
レース中でなくて良かったけれど。


さて、来年出場する事も考えて丹後での対策を、ちょっと検証してみようと思います。

次回初参加を考えてらっしゃる方(例えばX氏)の参考にもなれば幸いです。

今回ウルトラに初挑戦した訳ですが、色々試行錯誤した対策は充分効果を発揮して、身体へのダメージも最小限に出来たし、自分なりに好タイムにも繋がったと思う。

むしろ無駄が多過ぎて、来年出られる様なら、必要の無かった物は除外したい。


【日除け対策】
今回、気温が低かったので走り易かったが、道中のほとんどは晴天だった。
10時間以上の長丁場、日焼けは体力を消耗するので、最低限に抑えたい。

肌の露出している部分はスタート前に日焼け止めクリームを塗りたくって、トランジットのあるエイドでも日焼け止めスプレーをかけた。


腕は念のため日焼け止めクリームを塗った上でアームカバー。

もう少し気温が上がっていたら判らないけど、特にアームカバーをしている事で暑いとは感じなかった。

ただ、アームカバーをずらしてみるとやはり涼しいので、レース終盤は気分転換に時々ずらして走ったりもした。


あとは、頭のコレ
結構重宝した。

スタート時は日も出て無いのでポケットに入れて走り、装着してからは後頭部から首にかけての陽射しを遮ってくれた。

気温が上がってきた終盤は、エイドでもらった氷を包んで氷嚢変わりに使ったりも出来た。



【衣擦れ対策】
お腹、股間、太腿、腕など、とにかく着衣が擦れそうな箇所にはワセリンを塗った。

また腰の左側に、50Kなどで毎回ボトルポーチが擦れて酷い時は出血する箇所があったので、そこには太めのキネシオテープを貼っておいた。

レースが終わって風呂に入った時、ワセリンの塗布が甘かった胸の辺りが少し赤くなってた程度で、ほぼ全身無傷。


【補給食】
塩タブレット、一口ういろう、アミノ酸サプリメント(アミノバイタル)、ザバスピットインリキッド…
色々持って行ったけど、エイドが充実してたのでほとんどいらなかった。

まあ、好みで食べれるかどうかは個人差があると思うけど、私は結構パンをスポドリで流し込んだりした。


持って行くのはアミノ酸くらいで良かったかな。


【給水】
保冷ボトルを持っていると、エイドで水やらスポドリを入れて貰う事も出来るけど、欲張って満タンに入れてしまい、口をつけずに次のエイドに着いてしまう事が何度もあった。

で、エイドのスポドリの方が冷たくてソッチを飲むから保冷ボトルは常に満タン。

ただのオモリと化していた。

天候によっては必要無いかも。

けど、碇高原の登り以降では、かなり暑くなってきていたし、結構飲みたい時に飲めたので良かった。
次のエイドまでの間隔や時間帯、気候などを考慮して補充する量を調整しなきゃいけないな。

まぁ初丹後だったので、この辺の判断は難しいけど。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikirun.blog.fc2.com/tb.php/203-032b26e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

フリーエリア

最新記事

プロフィール

Author:キーキ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR